fc2ブログ

プロフィール

eikojcp

Author:eikojcp
 1956年北九州市生まれ。84年に夫のふるさと長崎県の旧大瀬戸町に移住。95年から3期10年大瀬戸町議をつとめ、2005年、2009年の衆院選、2007年と2010年の参院選に立候補。
 2013年4月西海市議に初当選。党長崎県委員。党西海市委員長。家族は夫。趣味は読書と美術館めぐり。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

徹底して審議を尽くす。共産党の揺るがぬ態度です。

 6月12日。

広がった「高齢者を差別する医療制度はやめてほしい」と、求める国民の声を実らせるのが国会ではないでしょうか。

 野党4党で提出し参議院で可決した「後期高齢者医療制度廃止法案」は、国民の世論を土台にして築かれた宝だと思うです。その法案が衆議院で審議されるというのに、他の野党は審議を拒否するというのです。自らが提出したものを見捨ててしまうのでしょうか。

 後期高齢者医療制度を本当に廃止しようとするならば、最後まで国民とともに力を合わせて、国会論戦で力をつくすことこそ、政府・与党を追い詰めることができるのではないでしょうか。

 日本共産党は、福田首相に対する問責決議案の共同提出に加わらず、採決では賛成しました。首相の政治責任はしっかり問わなければなりません。だからこそ、その提出は、効果が得られるにふさわしい時期でなければならないとした対応、そして審議をつくそうとする対応に、党の一員として大きな確信を得た思いです。

<< 50回になったパネルでの「語る会」。嬉しいことがありました | ホーム | 午後は語る会、夜は農業シンポジウムでした >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム